baiksajaの日記

目前の一秒を大切に

何処まで品のないトランプ夫妻

 今日の日経の夕刊に、トランプ大統領とイバンカ夫人が天皇、皇后両陛下と会談している写真が載っていた。今までにも何度も見ている写真なのだが、トランプが大嫌いな僕はそれほど注意する事もなく今日まで見過ごしていた。ところが今日はある事に目が引き付けられた。

 何と、イバンカが皇后の横で足を組んで座っているではないか。幾ら育ちが悪いとは言え、これは酷すぎる。米国大使館は事前にレクチャーしないのであろうか?あるいは会談の場に誰か米国大使館員は立ち会わなかったのであろうか。

 トランプは、やる事なす事日々非常識、自分本位、卑劣、悪辣、虚偽、虚栄、恫喝、欺瞞、自画自賛、幼稚、打算、等々罵詈雑言しか思い浮かばない、稀代の悪大統領である事は論を俟たないから、元々教養もないモデルあがりの、美貌しか取り柄のないカミさんがロクな者ではないのは想像に難くないが、それにしても皇后の前で平然と脚を組み、それを誰も咎めないのだから今の米国は語るも地に落ちたものである。

 僕の日頃の持論は、米国人の97%は馬鹿で、残りの3%がアメリカを支えていると言うものだが、幾ら無教養で長い歴史のある文化を持たない米国人であっても、普通の常識があればよもや皇后の前で足を組んだりはしまい。夫が夫なら妻も妻である。二人とも、教養の片鱗すら持ち合わせていないと見受けられる。

 民主党の次期大統領候補は混戦で未だ誰が出てくるのか皆目予測がつかないが、こんな写真を見るとまた、トランプ政権には何とか一期で終わって欲しいと切望するのである。しかし現実は中々思う様には行きそうもない悲観的な昨今である。

弘中惇一郎~恥の上塗りは日本の恥

 正月早々カルロス・ゴーンの海外逃亡のニュースで喧しい。元々カルロス・ゴーンの日産再生の遣り口はヤクザ紛いであり、下請けに対するエゲツなさを目の当たりにしていたので、彼がロクな人間ではない事は十分承知していた。それですっかり日産が嫌いになり、人生最初にローレル・クーペを購入して以来30年、日産一筋だったのも一夜で返上して、スカイラインを売却してホンダに乗り換えた程である。そんなだから、育ちの悪い彼が日産やルノーを利用して私腹を肥やしたと聞いても別に聊かの驚きもなかった。むしろ、やっと馬脚を顕したといった程度の感慨であった。

 それでも、そのカルロス・ゴーンレバノンにいると公表した時には流石に驚いた。しかし冷静に考えれば、資金力があれば全く無理な事でもないし、そこに元グリーンベレーが関わっていると聞けば然もありなんと思えてくる。

 僕はスハルト独裁政権が崩壊した時期にインドネシアにいて、元CIAやMI6、グリーンベレーやシールズといった目の据わった不気味な男たちが暗躍するのを目の当たりにしているので、金に糸目を付けずに彼らを使えば殆ど何でも出来る事を実感している。間違いなく人を殺したことのある、無機質な眼をした大柄な連中である。僕の秘書は、眼が合っただけで鳥肌が立ったと言っていた。

 そんな一連のマンガの様な推移のなかで何とも不細工で解せないのが、カルロス・ゴーン弁護団弘中惇一郎を筆頭とする弁護士達の言動である。無罪の請負人とか粋がって弁護を引き受けた弘中惇一郎カルロス・ゴーンに同調して無罪を主張するまでは良かったが、まんまと嵌められて預かっていたパスポートは渡してしまい、私立探偵の監視は提訴して止めさせてしまい、その結果が国外逃亡とレバノンへの正規入国である。それだけなら相手が見るも下品なカルロス・ゴーンだけに多少の情状酌量の余地があったかもしれないが、先ず弁護団の一員が「国外逃亡は一部理解できる部分がある」などとおよそ法治国家の弁護士とは思えない発言をしたのには開いた口が塞がらなかった。そしてあろう事か、弘中は東京地検に対してカルロス・ゴーンが使用していた弁護士事務所のパソコンの供出を拒んだと言う。カルロス・ゴーンの国外逃亡は紛れもない出入国管理法違反であり、歴とした犯罪である。理屈はともあれ、国辱的な犯罪の捜査協力を拒否したのである。

 弘中はもと東京地検特捜部の部長であったと聞く。そんな人間でも弁護士になると傍からは左翼弁護士と区別のつかない蒙昧な人間になってしまうのであろうか。日本の司法が海外に対しても何ら恥じない制度である事を示すために、ゴーン弁護団には、騙された事は騙されたと素直に受け入れ、これからは矜持を正して日本の国益のために正義に乗っ取った行動をして欲しいと切望する。

 最近気になる事

 最近少々気になる事がある。気になると言うよりは、言われている事は分かるけれどもいかにも片手落ちで、そのまま全ては同意し難いのである。
 その一つが煽り運転である。煽り運転は、やられてみないと分からないだろうがあれは恐ろしい。高速道路で直ぐ後ろにピタッと付けられて、走行車線は一杯で逃げられない、前にも車がいてそれ以上はスピードが出せない、そんな時に急ブレーキを踏まざるを得ない状況に陥ったら9割ぐらいの確率で追突される、増してや後続の車を運転している男はほぼ間違いなく狂人なのだから、その恐怖は半端ではない。
 また、僕は一般道でもとんでもない煽り運転をされた経験がある。その時は僕はスクーターに乗っていたのだが、赤信号で先頭で止まっていた僕の前に、横から大型のベンツが割り込んできた。それは良いのだが、青信号になっても一向に動き出さないのでクラクションを鳴らして信号が変わった事を教えた。それが気に障ったらしい。何時の間にか僕の後ろに付けて、執拗に煽って来た。信号で止まると横に回って来たり、斜め前に突っ込んで来て「何だ、お前!」などと喚き散らす。怖いので先に行かせたら、今度は僕の前で突然意味も無くに急ブレーキを踏む。今でも忘れない、濃紺の練馬ナンバーのE500だか600、運転手は中小企業の二代目みたいな40がらみのボンボンか、インテリ風のヤクザ。高速の追い越し車線で停車させられる恐怖に比べれば未だ大した事はないけれど、相手が常人ではないから相当怖かった。だから煽り運転を取り締まるのはどんどんやって貰えば良いと思う。
 しかし、狂人ではなくても煽り度くなる運転をする自分勝手な車が沢山いるのも事実である。本来、追い越し車線をずっと走り続ける事は道交法では禁止されている筈なのだが、実際にはこの手の運転手が余りにも多い。追い越すでもなくマイペースで、前の車からは何百メートルも車間を空けて、追い越し車線の流れは全く無視して走行車線の車と並走して悠然としているのである。警察は煽り運転を取り締まるなら、同時に追い越し車線をマイペースで走り続ける車も取り締まるべきである。ヘリコプターまで出動させて取り締まるなら尚の事、煽り運転と追い越し車線でのマイペース運転の両方を厳しく取り締まって欲しいものである。
 次に気になるのが、急に言われ出したエスカレーターでの歩行である。エスカレーターに乗る時は立ち止まれ、と言う運動が急に始まった。これが地下鉄銀座線程度のエスカレーターの長さであれば立ち止まっても良いが、大江戸線の如く5階建て相当の長さにもなると、東京のエスカレーターのスピードではじっとしていれば日が暮れてしまう。それを、危険だから立ち止まれ、と言うのは余りにも一方的である。NHKでは「急ぐ人は階段を上がれば良い」などと言う能天気なオバサンのインタビューを流していたが、5階相当とは言わずとも、昨今の長い階段を階段だけで上がれと言うのは階段を使った事の無い暇人の言である。大江戸線とまでは言わずとも、東京駅で中央線のホームまで階段だけで上がってみれば良い。
 エスカレーターを歩くなと言うのなら、せめてスピードを上げるべきである。日本のエスカレーターほど悠長なエスカレーターは世界中何処にもないのではなかろうか。しかし、東京の地下鉄の深度を考えれば、少しぐらいスピードを上げても、やはり絶対に歩くなと言うのには無理があると僕は思う。そもそも、動く歩道同様、エスカレーターを歩くのは非常に効率的だから、恐らく今回の運動は失敗するのではなかろうか。
 僕に言わせれば、歩く人間がいるのが危険だと言うのは、そもそもエスカレーターの運行責任者の怠慢である。歩くなと言うのは、怠慢の転化である。本来なら、エスカレーターの運行管理者は現行のエスカレーターを、幅を一人用の幅のエスカレーター二基にして、一基は歩行専用にするとか、せめて現行の幅を10cmか20cm拡げて静止利用者と歩行者の接触を防ぐべきである。それを自分の責任は棚に上げて、弱者保護などと反論し難い屁理屈を付けて、一方的に忙しい人間に犠牲を強いるのは明らかに本末転倒である。 

 米中間選挙を控えて

 米国の中間選挙が迫って来た。この1年9ヶ月、米大統領トランプには世界中が振り回されて来たので、中間選挙で政権批判が大勢となり米国の政治に変化が生じれば良いのだが、残念ながらその可能性はない。下院では民主党過半数を占めると言う予想が大半であるが、上院では共和党が辛うじて過半数を押さえそうであり、仮に昨今の逆風のなか上院でも民主が過半を押さえたとしても大統領弾劾に必要な三分の二を押さえる事はあり得ないから、結局トランプ政権は最短でも2020年までは安泰と言う訳である。
 日本にもちょっと前に気の狂った総理大臣が現れたが、彼は誇大妄想ではあったが実行力に欠けていたので、外交では随分汚点を残したものの世界を揺るがす程の事は何も出来なかった。しかしトランプは、誰もが荒唐無稽と侮っていた選挙戦での公約を次々と強引に実現させるので始末が悪い。TPP離脱、パリ協定離脱、イラン核合意破棄、NAFTA再交渉、対韓国FTA再交渉、駐イスラエル大使館のエルサレムへの移転、等々。そして対中貿易戦争にも突入し、泥沼化の様相を呈してきた。
 トランプの暴露本などを読むと、その理解力は甚だしく低く子供並みで、幾ら理を尽くして説明しても聞く耳を持たない、と言うよりは理解出来ないらしい。その上物を読むのが苦手で、法案なども中身は読まずに署名すると言う。また言われる程には現金の持ち合わせは無いらしく、しかも相当なケチと言う。そんなこんなで、政権発足から僅か1年9ヶ月でこれだけ政権幹部が出入りする政権は前代未聞であろう。馬鹿馬鹿しくてついて行けずに辞めた人、耳障りな発言を嫌われて馘になった人、理由は様々でも多くの人が去り、今ホワイトハウスに残っているのはイエスマンが大半である。国連でしばしば孤軍奮闘していたヘイリー国連大使も、年内には辞任すると言う。
 とは言えトランプは若い時から不動産業で叩き上げて来たヤクザ商法、即ち恫喝と駆け引きには長けているので、カナダ、メキシコ、韓国と言った対米依存度の高い国にはそれなりの交渉力が発揮された。しかしもとよりそこに大きな理念や政策がある訳ではなく、目先の勘と極めて単純な相対勘定だけで動いている上に、言動には一貫性が無く平気で前言を翻したり自己宣伝の為に虚偽の発言を重ねるので、何れ米国経済にも大きなツケが回って来よう。既にアルミや鉄鋼は、米国内では国際相場の6割高で取引されていると言う。
 そこで気になるのが2020年の大統領選挙である。願わくば世界最強の国の大統領としては知性も品格も全くそぐわないトランプには退陣して欲しいと言うのは恐らく世界中の人間の願いであろうが、現職が圧倒的に強い大統領の2期目の選挙、一体如何なる事やら今から気が揉める。米国民の97%は知性が乏しく、残りの3%の極めて優秀で勤勉なエリートが国を支えているという以前からの僕の持論が証明されない事を祈るのみである。
 それにしても昨今の世界を席巻するポピュリズムには困ったものである。日本は間接選挙なのでまだ救いだが、一国の首長を直接選挙で決めるのが如何に危険であるかは既に歴史も証明しているにも拘らず、トランプの例を筆頭に危うい首長が国民を欺いている国がまたぞろ増えている。

 南北朝鮮会談

 明日、南北朝鮮の閣僚級会議が開催される。2年ぶりの南北朝鮮会談だそうである。言動の振れが大きいトランプは、「歓迎する、冬季五輪以外の話題も歓迎する」と述べたそうであるが、トランプはその場その場で言う事が180度変わる男だからその本心は分からない。と言うよりは恐らくは外交などには人生で一度も興味を持ったことが無い、マルドメ(まるでドメスティック)でヤクザまがいの地上げ屋トランプだから、そもそも本件については本心などは持っていないと思われる。なので、その危うい言動に一喜一憂する事はない。なにはともあれ、戦争よりは会談が良いに決まっている。
 とは言え、北朝鮮が会談に出て来て何かを話し合う、と言うのは常に時間稼ぎの欺瞞行為であった事は、今までの会談の結果を見れば例外なく自明である。今回も、経済制裁が徐々に効いて来て国内の統治が難しくなってきた時の、天助の平昌五輪開催と、これまた外交などには全く資質が欠如している南鮮の文在寅ポピュリズムが相俟って実現した会談である事は論を俟たない。安倍晋三は、日米韓の三国間の対北鮮の原則を逸脱しない様に釘を差すのに躍起だが、そんな声も北鮮との会談再開に舞い上がってしまった文在寅の耳にはまともには届くまい。その結果、北鮮が経済制裁から一息つき、米韓よりも何処よりも、真っ先にミサイルが飛来する危機に直面している日本のリスクが更に高まる危険性は限りなく大きい。
 北朝鮮が平気で嘘をつく国である事は既に明らかである。中露を含む6ヶ国協議の合意すら平気で反故にしてきた。それどころか、国を挙げて米ドルを印刷し、覚せい剤を製造し、偽タバコを輸出している事は既に周知である。北朝鮮製(或いは中国製)のメビウスは本当に良く出来ていて、包装からでは全く区別できない。喫って見て初めて、それも暫く経ってから、初めて分かる程に精巧である。卑近な例に過ぎないが、国を挙げて世界を欺くとはこういう事である。
 しかし南鮮も、それに負けず劣らずいい加減で嘘吐きな国である事は今や誰の目にも明らかである。国同士の条約、それも不可逆的な条約を結び、日本にはその実行を迫り既に10億円と言う大枚をせしめながら、自分は一向に自らの義務を果たさぬばかりか、今やその条約を一方的に無効にしようとしている。これでは南鮮はもはや国の体を為しているとは言い難く、満年物乞いと言われても致し方ない。
 こう見てみると多少極論かも知れないが、南鮮は一度北鮮に統一された方が良いと僕は思う。その方が東アジアが分かりやすくなる。今は南北が分かれているが、結局どちらも全く同じ人種で、嘘の塊の国なのである。北は民間人を拉致し、南は自国の政治家を拉致した。発想もやることもまるで同じである。
 思えば戦後70年やそこらで南北の人種が変わる筈もない。一見民主制を気取っている南鮮も、所詮は大統領が変わる度に大統領を筆頭に旧政権の大物が縄に付く後進国である。それならいっそ友好国の様な顔をして日米を欺き続ける南鮮は一度滅亡して、朝鮮半島を一国として対処した方が日米にとっては遥かに簡易になる。南鮮が中途半端に友好国であるから日本は振り回されてしまう。中露にとっても、朝鮮半島の経済が均一化されて、北鮮からの難民リスクが減る事に異論はあるまい。米国に到っては南鮮の本質すら見誤っているのではないかと危惧されるから、現実が先行すれば恐らくは事後承認するであろう。
 ならばいっそ、明日からの会談を契機に南鮮が北鮮に統合されてしまう方が遥かに良い。政治家としては金正恩の方が文在寅よりも数枚上手に見えるから、日米中ロが朝鮮半島の本質に気付けば、南北統一もあながち夢物語でもないのだが。

 今度は国民をペテンに掛けようとする小池百合子

 僕が最近テレビで一番見たくない物は、何でも知っている振りをするタモリのしたり顔と、小池百合子のおぞましい作り笑いである。いぜん、トランプと小池百合子を公害と扱き下ろしたが、最近はトランプは見慣れてしまって以前ほど嫌悪感を催さない。タモリは出てきたらチャンネルを変えるか消すかすれば良いが、小池百合子は始終ニュースに出て来るから始末が悪い。
 小池百合子ポピュリズムと作り笑いで、インテリを自称する馬鹿な都民を欺いて都知事選を席巻し、続く都議選では都民ファーストと称する、その実態は小池ファーストの地域政党を立ち上げ、小池チルドレンと称する木偶を掻き集めて大量当選させ、都政を牛耳ってしまった。その小池チルドレンたるや、多くが歳も若ければ経験もない、言ってみれば子供の使いみたいな輩ばかりだから小池百合子大政翼賛会としては便利だが、いざ都議会となれば与党のクセに質問もロクにできなければ、新聞記者のインタビューにもまともに対応できず、終には許可なくメディアの取材に応じてはならぬとのお達しが出る始末である。流石にそこまで虚仮にされると造反者も出てくる訳で、多少骨のある、遅まきながらも小池百合子の本質に気付く者がいたのが僅かに救いである。
 都政はと言えば、築地市場豊洲移転に待ったをかけ、散々引き摺り回した挙句に、結局は元の木阿弥、豊洲移転に納まった。僕が最初から言っている様に小池百合子といえども他に選択肢など最初からなかったのである。しかし小池百合子が主役を演ずるたった一幕のために、一旦待ったを掛けられた事業を再開するのと既に出来上がった施設の維持保全の為に、年間数百億円と言う莫大な都税が浪費され、築地跡地に建設予定だったオリンピック道路は着工が遅れた為に結局間に合わず、オリンピック時の都内の交通渋滞がどんなに酷い事になるのやら、百害あって一利なし、小池百合子が一人目立っただけの市場移転の再検討であった。
 それでは小池百合子には他に何かこの一年3ヶ月に目覚ましい成果が在ったかと言えば、皆無である。小池百合子は耳障りの良い標語を作るのには巧みでアジ演説も上手だが、その演説では具体的な方策には全く言及しない。つまり言う事は格好も耳触りも良いが、実は何ら具体策は持たない政治家なのである。行革を進めれば何百億という金が浮くと嘘八百を並べてバラマキ政策を公約し、結局は国民を欺いただけで何も出来ずに税金だけ無駄遣いした民主党政権と同じ路線なのである。
 その小池百合子が今度は都政を放っぱらかして国政に打って出た。公務は次々にキャンセルし、新党設立や衆院選への対応で走り回っている。誰も文句は言わないが、都民の税金で賄われている都庁舎や公用車、電話やコピー、職員、その他諸々が希望の党の活動の為に使われていない筈がない。公(都政と都の諸施設)私(希望の党の活動)が混同されていないとは言わせない。都民にとっては良い面の皮である。
 希望の党は、小池ファーストで出てきた都議選の時と同様、お題目は聞こえが良いが、全く具体的方策がないから実際にやる気がある政策とは思えない、典型的な大衆迎合である。更には現政権の批判である。トランプがオバマ政権を批判するのと全く同じ手法で安倍政権を批判しているが、言っている事はトランプよりも遥かに無責任な抽象的な批判ばかりである。耳触りの良い言葉を並べて有権者の気を引いて、希望の党からの立候補者が沢山当選すればそれで終いなのであろう。その希望の党からの立候補者の過半が元民進党からの移籍組であれば、そもそも希望の党に独自のしっかりした政策などあろうはずもない、俄か仕立ての張り子の党と言える。
 例えば原発反対は結構だが、今や温暖化ガス排出削減では後進国に成り下がった日本の温暖化ガス対策は如何するのか。具体論なくして原発反対なら共産党立憲民主党と同じ、亡国の主張である。再生可能エネルギーにシフトすると言うのは簡単だが、しょせん補助電源にすぎない太陽光発電、日本では地形的に限度があり多くは期待出来ない風力発電、資源が沢山あると言うけれど環境への影響が無視できず且つ何れは十分な熱が確保できなくなる地熱発電、何れも日本では原発に変わり得る主力、且つ恒久的発電手段には成り得ない。では原発をなくして地球の温暖化対策は如何するのか、小池百合子にその回答がある筈がない。
 消費増税凍結、凍結と言う言い回しが小池独特の狡猾な言い方で、築地市場移転と同じく見直すけれど結論は増税と言う伏線が張られている。しかし1000兆円からの債務を抱える、先進国中最悪の日本の財務状態の下、せめてプライマリーバランスだけでも取り敢えずは黒字化しようと言う懸案の国策に待ったを掛けるのは簡単だが、待ったの結果は少しも改善されないその莫大な債務が一層重い負担となって将来を担う若者に押し付けられる事になる。増税凍結は目先は誰でも喜ぶが、僕だって増税がなければそれに越した事はないけれど、その実は途方もなく無責任な債務の先送り政策なのである。
 小池百合子がこれだけ都政で滅茶苦茶で無責任で無駄に都税を浪費して、しかも何の実績も出せていないのに、未だに人気があるのが不思議で仕方がない。劇場型出し物の脚本や演出が飛びぬけて上手なのは認めるが、その人間性の本質、即ちその目指す処は国を良くする事なのか自分が目立つ事なのか、を良く見極めて貴重な一票を活用しないと、あの悪夢の民主党政権の二の舞になる。俄か拵えの希望の党の有象無象が政権などを取ろうものなら、馬鹿で経験も知見もない閣僚が経済も外交も全て滅茶苦茶にするのは陽を見るよりも明らかである。未だ途半ばの経済回復、北朝鮮の核脅威や中国の海洋進出を喫緊の課題とする外交、国家財政の立て直し、既に深刻化している少子高齢化対策、等々難問山積の日本の将来をそんな無能集団に任せられる道理が無い。都民はあの作り笑いと耳触りの良いアジ演説にまんまと欺かれたが、今度は既に前例があるのだからせめて国民は小池百合子に騙されないでいて欲しいものである。

バリにて

毎年恒例のバリでの夏休み、今年も今日で9日目、いよいよ明日は後髪を引かれながらの帰国の日である。今のバリは殆ど雨は降らず、オーストラリアから吹いて来る冬の風のお陰で気温は昼間でも25-6℃と極めて過ごしやすい。朝晩は肌寒い位である。一年に一度、ここでボヤッとするのが僕の最高の贅沢である。一年の残りの日々は、この日の為に一生懸命汗を流していると言っても過言ではない。その位僕はバリでの夏休みが好きなのでである。
そのバリにも中国人が押し寄せている。普通に馴染んでくれていれば気にもならないのだが、彼等はTPOにはお構いなしに傍若無人だからやっぱり鼻につく。日本でも、先月は欧州でも、今度はバリにまで押し寄せて来る中国パワーにはほとほと恐れ入る。そして少子化のせいで親が躾けられていないのか、殆どの子供は躾が全くなっていない。そんな子供が大人になった時の事を思うと、恐らく今の傍若無人の比ではなかろうから想像しただけでもゾッとする。唯一の救いはもし戦争になったら、甘やかされた兵隊ばかりだからあっという間に逃げ出す有象無象の軍隊で、その意味では正に張子の虎、数ばかりの弱兵だと言う事なのであろうが、それは一旦緩急があった時の事、やはり平時は世界中で恐ろしい事になるのであろう。
バリではホテルやレストランで、突然懐かしそうに呼び止められる事が珍しくない。彼等は一年前に会った事を覚えているのである。こちらははっきり覚えていなくとも覚えて貰っていて気分の悪い筈はないが、それにしてもその記憶力には舌を巻く。これがインドネシア人の、他人の事を記憶する驚くべき記憶力なのである。今頼んだ事は忘れても、他人の顔や名前は忘れない。仕事の事は時々忘れても、次に会った時に他人には決して礼を欠く事はない。こっちはその逆で、仕事の事は余り忘れないが、以前会ったのは覚えていても何処の誰だったかが思い出せずに冷や汗をかくのは日常茶飯事である。そんな文化の違いを久しぶりに思い出したりしながら、久しぶりのバリを満喫している。